そらをみあげるチャバーちゃん

LINEで送る

soi music 木村です( @kimurasoi )。

福音館書店のこどものとも年中組という絵本シリーズから『そらをみあげるチャバーちゃん』という絵本が出ました!

タイの児童文学作家のジェーン・ウェーチャチーワが書いた話に、タイの漫画家のタム(ウィスット・ポンニミット)が絵をつけた絵本です。

image

チャバーちゃんは雲を見るのが大好きな女の子。家の前を通る大人たちに、一緒に見ようよと呼びかけます が、だれも応じてくれません。それでもひとり空をずっ と見ていると、仕事から戻ってきた大人たちが話しかけてきました。タイの人気作家と画家による絵本です。

と出版社の紹介文によると、この絵本はこういう話なのでぜひお読みいただけたら…という感じなのですが、タイのことを知らない方のためにバックグランドを少し解説します。

この絵本の始まりは2010年春、福音館書店のみなさんが絵本のシンポジウムに出席するためバンコクを訪れた時のことです。翻訳者のマリナさん(タイ語のニックネームがなんとマムアンさん…)がこのシンポジウムのコーディネーションをされていて、彼女の紹介で福音館の編集者たちがバンコク在住の児童文学者のジェーンさんと出会うことになりました。

ジェーンさんは児童文学『カティの幸せ』(邦題が謎の「タイの少女カティ」。そんなこと言い出したら、俺は「日本のおっさん木村くん」とかになりますよね。)という話でタイの権威的な文学賞「東南アジア文学賞」を受賞している作家です。ジェーンさんはタイではおそらくタムよりも一般的には認知度が高い方です。彼女は「東南アジア文学賞」受賞作家ですし、またウェーチャチィーワ家は代々医療関係の仕事をしてきた名家で両親も医者、実の弟さんはなんと元首相のアピシット・ウェーチャチーワさんなんです(あの男前で、そしてオックスフォードを主席で卒業したというインテリっぷりでバンコク都民から大人気のアピシットさんです。)。まあ簡単に言うと一般的なイメージは、有名なセレブファミリーの一員ってことですよね。(実際のところはセレブかどうかは知りません)。そしてジェーンさんについてもうひとつエピソードがあります。生まれもった病気で歩くことができず、生涯車椅子で生活をされているということです。タイの方のジェーンさんへのイメージっていうと車椅子に乗っているイメージかもしれませんね。

それで、そんなジェーンさんに福音館の方が「絵本つくりませんか?」という話をしたところジェーンさんは「是非」とお答えしてくれたそうで、帰国後時間を置かずにすぐにこのチャバーちゃんの話がおくらてきた、スピード感に驚いたという話を編集の方から伺いました。これが2010年の春の話です。

そこからタムのところに絵をかかないかと話がきたのが震災のすぐ後の2011年5月。それから「絵本はめっちゃ時間がかかって大変だよ」という出版業界の噂の通り、チャバーちゃんの絵本は、2年をかけて、2013年の6月にやっと出版となりました。

なぜ2年もかかったの?とみなさん思うかもしれません。はっきりいって自分もなげーなあと思っていました。しかし終わってみると「2年くらいやっぱりかかるよな」という気になっている自分がいたりもするのが福音館の絵本の作り方、さらに言うと日本の絵本の作り方なのかもしません。これを説明すると長くなってしまうのですが、丁寧な日本的な編集はうまく機能するとこんなにも良いものなんだな〜と感じた幸せな仕事となりました。

さて、話がすこしずれました。タイの話、そしてこの絵本がスタートした2010年春のタイの話に戻ります。2010年春のタイバンコクでは、あの、戦争のような強烈な報道や写真で忘れられないあの怖いデモがあった時なんです。福音館の編集者たちがバンコクへ訪れたころはちょうどこのデモの時期で、デモに関わらずともバンコクの住人たちはみんな不安な日々をおくっていました。ニュースで連日報道されたように、バンコクの中心地では衝突により死者も多数でて、街には外出禁止令がだされ非常事態が連日続いていました。特にジェーンさんの弟さんのアピシットさんは当時与党政党で首相を務めていて、自宅がデモのグループに包囲されているなんてニュースもありましたよね。

ジェーンさんがそのデモの当時どういう状況だったかはわかりません。ただそんな時期に書かれたのが、空をみあげる女の子の話だったのです。当時のタイの状況を思いながら読んでみると、絵本『そらをみあげるチャバーちゃん』には「かわいさ」とか「タイの素朴さ」とかだけでなく、何か強い想いが込められているような気がしてしまうのです。そして、作家のバックグラウンドから、そらをみあげているチャバーちゃんというのはジェーンさん自身の姿なのかなあと勝手にそう読んでしまっている自分がいるのです。

 

というわけで、2年もやるうちに、漫画家も編集者もその他外野も、みんなが大好きになってしまった「チャバーちゃん」の絵本発売記念ということで、7/7まで京都一乗寺のギャラリーで絵本原画展を行っています。展覧会限定グッズ(ポストカードセットに便箋)も売ってますのでぜひお発ち寄りください。 http://blackbird-whitebird.com/

写真 4

ででーん、タイなのに日本の夏な香り漂う一筆箋
chabaa goods
に日本の夏なポストカードセット
chabaa goods

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です