The Japan Foundation, Bangkok

LINEで送る

The Japan Foundation
logo of The Japan Foundation
バンコクのソイミュージックを一緒に主催している独立行政法人 国際交流基金バンコク文化センター
日本のアーティストやクリエイターがバンコクに来るととてもお世話になるところ。
バンコクのこのオフィスの仕事はすばらしくて、過去に前衛演劇のダムタイプを招聘してタイに紹介したり(今年もつい先日その第2弾の演劇イベントがあった。)、毎週映画祭を催したりしている。ちなみにソイミュージックの裏の9月10日には相馬慎二監督の「風花」なんて上映している。
このオフィスのよいところは日本人のクリエイターだけじゃなくて、タイのクリエイターからも好かれているところ。映画「地球で最後のふたり」の舞台や主人公はこちらの図書館や有名なYさんをモチーフにしたらしい。このオフィスなしにはあの映画の中で浅野忠信さんがあんな演技をすることもなかっただろう。
http://www.1101.com/OL/
関連記事(おもしろい・・・)
ソイミュージックのフライヤー(ひょろひょろした宇宙人みたいなヒューマン・オーディオ)をデザインしたウィットも昔からよくポスターデザイン仕事を受けていたらしいし、今や日本で活躍するタイ人漫画家ウィスット・ポンニミットもこのオフィスの紹介で日本に行くことができたのだ(2000年ごろの話)。
今回我々のお世話をしていただいているUさんはとてもかわいらしいと評判の方(「地球で~」の脚本担当プラープダーさんも言っていた)。バシバシ日本流に仕事をこなす一面と、タイ的な(?)ゆるーいけどナイスなユーモアをあわせもっています。
本当におせわになってます。ありがとうございます。
国際交流基金バンコク文化センター
http://www.jfbkk.or.th/
<チケット予約の方→こちらをクリック>
<アバウトカフェへの行き方→こちらをクリック>
<ハウスへの行き方→こちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です